パーソナルカラー診断は結婚前に

診断ブームで、今や「パーソナルカラー診断」「骨格診断」「顔タイプ診断」と色々な診断が巷に溢れてますね。
雑誌で取り上げられているのもよく目にするようになりました。

特に、若い子の間では、(もう言い方がおばさんw おばさんなんだけれどもww)
「流行よりも自分に似合うものを」という思考が高まっていて、バイト代を貯めて、全ての診断を受けるという子も多くいるようです。

一方、30代以降の世代では、なかなか診断文化が浸透しておらず、「カラー?骨格?何それ?」っていう方は多いです。
私も詳しく知ったのは、数年前・・・

今思えば、結婚前に知っていたら、もっとより良い選択ができたんじゃないかと感じることがあります。

代表的なのが、ウェディングドレス

パーソナルカラーを知っておけば、白のウェディングドレスでも真っ白なのか、アイボリーなのか、より自分に似合う色を選択できます。

骨格を知っておけば、ふわふわのチュールたっぷりのドレスなのか、ハリのあるクラッシックなドレスなのか、よりボディラインが美しく見える形・素材を選択できます。

ふわふわドレスとハリ感ドレス

カラードレスももちろん、白無垢(同じ白でも様々)色打掛にも活用できますね。

まぁここまでは大体だれでも想像がつくと思いますけど、私が強く感じるのは、実はここから!!!

私は結婚の時に、嫁入り道具として、冠婚葬祭用のパールのアクセサリーや着物を仕立ててもらいました。
何の気なしに、親から「こんな感じの色にしようと思ってるんだけどいいよね?」と言われて、「いいよー」って感じで適当にw 決めたんですが、何回も買い換えるものじゃないし、もっと真剣に考えてもよかったな、と。

結果的には幸いちゃんとパーソナルカラーだったんでよかったんですけど。笑

ちょうどスプリングの色だった

記憶では淡いブルー系のと二択で迷っていたような・・・それを選んでいたら似合わなかったかも><

パールの大きさや長さ、色味なども骨格を知っていれば良かったなーって、こちらは若干後悔しています(苦笑)

カワニシ

もう少し長さがあっても良かった・・・

わざわざ結婚する時にこういったものを用意しないにしても、結婚後ってイベントがかなり多い!!!

兄弟や親戚も増えるわけなので、冠婚葬祭の機会も増える。

もし子供が生まれれば、お宮参り、お食い初めから始まり、七五三もあるし、その度にスタジオで写真を撮るっていう方も多いのでは?

カワニシ

写真もせっかくなら良く写りたい。笑

結婚前に診断を受けておけば、活用できるところは無限大∞

診断を受けるなら早いほうがいいですよ!

ちなみに、骨格は生まれ持ったものなので一生変わりませんが、パーソナルカラーは変わる場合がありますよ。

・プレ花嫁
・婚活中
・プレママ
・着物など大きい買い物をしようとしている
・イベントや写真を撮る予定がある

こんな方は是非診断を受けてみてください♡

メニューはこちら♡